更年期障害の症状 | 更年期障害は婦人科を受診|減少したエストロゲンを補充
看護婦

更年期障害の症状

近年、20代や30代という若い世代でも更年期障害を発症することがあります。
更年期障害は、エストロゲンの減少が主な原因になって引き起こされます。
20代や30代は女性の卵巣の機能も充実していますが、ストレスや不規則な生活等で自律神経のバランスを崩すことがあります。
自律神経が乱れると、エストロゲンにも多くの影響があります。
卵巣の機能が正常でも、生活習慣によって更年期の症状が現れてくることがあります。
若い世代の更年期障害の場合、生活習慣を戻すことやストレスを取り除くことにより、症状が改善することがあります。

更年期症状の主な症状は、心や体に現れてきます。
体によくでてくるものが、のぼりやほてり等のホットフラッシュという現象です。
急に体が熱くなり、汗がとまらなくなるということが特徴です。血管の収縮や拡張のコントロールができないことが特徴で、急に症状がでてきます。
また、頭痛や肩こり、めまいや動悸が酷くなることがあります。
更年期によって脳血管の収縮が起きることがあり、エストロゲンの分泌量の現象が主な原因になることがあります。
頭痛や肩こりが急にひどくなったという人は、一度病院に行って診察を受けることが必要になります。
また、更年期障害では、自律神経の異常によって、不眠やうつ状態を発症することがあります。
気持ちが沈みがちになり、寝付きが悪くなることや、すぐに目が覚めてしまうということがあります。
反対にイライラを感じて、感情の起伏が激しくなることもあります。

» ページのトップへ戻る