病院での受診先 | 更年期障害は婦人科を受診|減少したエストロゲンを補充
看護婦

病院での受診先

自分が更年期障害かもしれないと考えた場合、婦人科を受診することで症状を改善させることができます。
更年期障害の症状の中には、他の重大な病気が絡んでいることもあります。
婦人科で一度みてもらうことにより、もし他の検査が必要な場合には内科等に紹介を行ってくれます。
また、更年期以降は体の不調が現れやすい年齢になります。
定期的な健康診断を受ける他、自分で不調を感じたら病院へ行くという流れを作ることが大切です。
かかりつけ医をつくることにより、いざという時に相談を行うことができます。
また、問診では様々なことが聞かれます。
どのような症状で悩んでいるのか、月経の周期や月経期間、これまでにかかったことのある病気や、現在抱えている持病、飲んでいる薬等を聞かれることが多いので、予め答えを考えておくことが大切です。

更年期障害の改善に、漢方薬や抗鬱剤を使用することがあります。
漢方薬は、ホルモン投与の治療ができない場合によく使用されています。
また、更年期とみられる多くの症状が出ている際に、先に漢方薬で様子を見て、改善の兆しがない場合にホルモン投与に切り替えるという方法を行っているところもあります。
また、体の症状よりも心に重く症状が出ている場合、抗うつ剤や抗不安薬を使用することがあります。
更年期障害の症状を強めるものとして、ストレスがあるので、薬を飲んで気持ちを軽くすることで、他の症状の軽減にも繋がります。
なお、ストレスが更年期障害の症状を悪化させている場合、運動や正しい食事等で症状を軽減させることが可能なこともあります。
病院に行き治療を行うと同時に、生活習慣を見直すことや、運動等でストレスを軽減させることで健康的な毎日を送ることが可能です。

» ページのトップへ戻る